2012年10月12日

Q.遺産分割前に遺産の不動産から発生した賃料はどうなりますか?


A.遺産は、相続人が複数あるときは、相続開始から遺産分割までの間、共同相続人の共有に属するものであるとされています。遺産分割までの間に、遺産である賃貸不動産を使用管理した結果生ずる賃料債権は、遺産とは別個の財産であり、各共同相続人がその相続分に応じて分割単独債権として取得するものと考え、遺産分割の影響を受けないものとされています。したがって、この際の賃料債権は、各共同相続人にその相続分に応じて帰属するものとして、取得分に応じて各相続人に所得税が課されることになります。
 また、この遺産である不動産の共有割合は、遺言により相続分の指定がある場合は、その指定相続分により、それ以外の場合は、法定相続分によることとされています。


posted by 税理士藤田事務所相続専門チームQ&Aブログ at 09:51| Comment(0) | 遺言、老後設計など、その他の質問に関するQ&A
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: